自動に頼り過ぎない

クリーニング

エアコンは便利な家電機器の一つです。
季節が変わっても、使われることが多いので汚れも溜まります。

エアコン掃除を考えた場合、自身でやるのは面倒と感じたり、業者に頼むのも料金が心配されるでしょう。

最近では、自動的にエアコンクリーニングを行う機能が付いたタイプが存在します。
エアコン交換の際、このタイプのエアコンを勧められる場合もあるでしょう。
しかし、この自動エアコンクリーニング機能は、実際には汚れが落ちていないという指摘も有るそうです。

便利な機械に頼るだけではなく、実際に行動することが清潔さや涼しさを保つポイントです。

目で見て実感する

カバーを取ったエアコン

エアコン掃除をする場合、市販のスプレーを使用して行う方法がありますが、エアコンクリーニング専門の業者はあまりオススメできないそうです。

市販のスプレーの場合、エアコンのフィルターに吹きかけるだけですが、汚れがホースに詰まる場合もあるそうです。
また、吹きかけることで汚れがエアコンの奥に飛ばされるので、汚れの落ち具合が確認しづらいでしょう。
汚れの詰まりが原因で、エアコン交換をする可能性も考えられます。

専門業者の場合、溜まった汚れを目に見える形で教えてくれることも有るので、掃除の効果が実感できるでしょう。

室外機の手入れ

エアコン掃除

エアコン掃除では、エアコン本体を掃除するイメージを持たれる方も少なくないでしょう。
基本的に、エアコンクリーニングは本体を中心に行います。

本体は、主に部屋の汚れが集まりやすいです。
しかし、エアコンは室内機だけではなく室外機とセットです。

室外機もクリーニングが必要かと言えば、そうではないようです。
エアコン交換時や取り付け時の際、室外機の周りに邪魔なものを片付けるぐらいで済むそうです。

エアコンの種類によっては

エアコン交換

エアコン掃除を企業に依頼する場合、事前にエアコンの種類を確認することが大切です。

エアコンクリーニングを専門としている企業でも、エアコンの種類によっては掃除することができない物が有るそうです。
企業が対応できる種類でない場合、クリーニングサービスを行なってくれません。

古いタイプのエアコンで、手入れができないと判断された場合は新しくエアコン交換を行うことも検討することをオススメします。

手入れのしやすさも、長持ちさせるポイントです。

ピークを避ける

エアコンとりかえ後

エアコンクリーニングを依頼する場合、どの時期に依頼するかによってスムーズに進むのかどうかが分かります。

大体のエアコン交換を行なっている企業は、エアコン掃除も担っているでしょう。
エアコンの使用が一番多いのは6月から7月なので、それに伴い企業も忙しくなります。

ピークを避けることで、スムーズに作業が進みます。
掃除が完了すれば、いち早く涼しさを体感できるでしょう。

カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アーカイブ
カテゴリー
オススメリンク